Twenty Seventeenの投稿日を消すカスタマイズの方法

目安時間:約 3分

WordPressのデフォルトテーマのTwenty Seventeen

 

ヘッダー画像の表示が大きく印象的ですが、ヘッダー画像を非表示にすると、とてもシンプルでアフィリエイトのメインサイトとしてもおすすめのテーマです。

トウェンティー セブンティーン

アフィリエイトサイトって静的サイトの場合、一度作り込むと結構長い間放置できてしまいます。

その時に邪魔なのが、投稿日時ですね。

こんなヤツです。
↓ ↓ ↓
トウェンティー セブンティーンの投稿日

このうざったい投稿日の消すカスタマイズの方法を解説します。
ものすごく簡単ですのでぜひ、一手間かけてみて下さい。

WordPressのダッシュボードの左サイドバーの設定⇒一般をクリック
↓ ↓ ↓
トウェンティー セブンティーンのカスタマイズ

画面下の方に『日付のフォーマット』と『時刻のフォーマット』があります。
↓ ↓ ↓
トウェンティー セブンティーンのカスタマイズ

ココのカスタムの部分を削除して変更を保存をクリック
↓ ↓ ↓
トウェンティー セブンティーンのカスタマイズ

投稿日時が非表示になりました。
↓ ↓ ↓
トウェンティー セブンティーンのカスタマイズ

アフィリエイトサイトって上位表示すると、ある程度放置しても順位が落ちませんし報酬が積み上がります。

コンテンツの修正って、アフィリエイトしている商品の価格が変わったり、パッケージが変更になったりした時に修正するくらいですよね?

アフィリエイターも報酬の上がってるサイトのおかげで、新しいサイトを作ったりと放置気味になったりしますよね?

僕も気がついたら1年、2年放置のサイトなんてたくさんあります。

そんな時、1年、2年放置してる記事となると、訪問したユーザーさまが古い情報とサイトを閉じてしまう可能性もあります。

即閉じされてしまうと、検索順位が下がる傾向にありますから注意したいですね。

あまり更新しないアフィリエイトサイトの場合は投稿日時を非表示にしておくことをおすすめします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: