Snippyの使い方~アフィリエイトリンクや定型文をショートコードで挿入するWordPressプラグイン

目安時間:約 7分
Snippyの使い方~アフィリエイトリンクや定型文をショートコードで挿入するWordPressプラグイン

この記事は、WordPressプラグイン『Snippy』で、アフィリエイトリンクや定型文をショートコードで挿入する方法を解説しています。

この記事を読めば、ブログ初心者でもカンタンに『Snippy』でアフィリエイトリンクや定型文をショートコードで挿入することができるようになります。

 

ショートコードって便利なんだけど、自分でつくる場合は、function.phpを触らないといけないので、初心者の自分には手を出しづらいんだよな・・・

 

アフィリエイトリンクやいつも挿入している定型文など、記事数が少ない内は、手動でもなんとか対応していけます。しかし、サイトの規模が大きくなっていくにつれて、運営の作業時間も限られる中で、それだけには時間を割くことはできませんよね。

 

そういうお悩みを抱えている人におススメしたいのが、独自のカスタムショートコードを素早く作成できるWordPressプラグイン『Snippy』です。

 

それでは、早速解説していきたいと思います。

 

 

 

WordPressプラグイン『Snippy』の使い方

実際にSnippyの導入方法から実際の使い方まで解説していきたいと思います。

 

 

 

Snippyの導入方法

まず、SnippyのプラグインをWordPressにインストールしていきましょう。

 

Snippyの導入方法
  1. プラグインのところにカーソルを合わせる
  2. 「新規追加」をクリック
  3. 「Snippy」を検索
  4. 「今すぐインストール」をクリック
  5. 「有効化」をクリック

 

1.プラグインのところにカーソルを合わせる

(Snippyの使い方)プラグインのところにカーソルを合わせる

 

2.「新規追加」をクリック

(Snippyの使い方)「新規追加」をクリック

 

3.「Snippy」を検索

(Snippyの使い方)「Snippy」を検索

 

4「今すぐインストール」をクリック

(Snippyの使い方)「今すぐインストール」をクリック

 

5.「有効化」をクリック

(Snippyの使い方)「有効化」をクリック

 

これで、WordPressにSnippyをインストールすることができました。次に、自分の好みのショートコードを登録していきましょう。

 

 

 

自分の好みのショートコードを登録

次に、自分の好きなショートコードを登録していきます。

↑今回は、このメルマガ登録をショートコードにしていきたいと思います。

 

ショートコードの登録方法
  1. 「Add Bit」のアイコンをクリック
  2. それぞれを入力していく
  3. 「Add Shortcode」をクリック
  4. ショートコードの名前を入力
  5. Bitsを選択

順番に解説していきます。

 

 

 

1.「Add Bit」のアイコンをクリック

(Snippyの使い方)「Add Bit」のアイコンをクリック

 

2.それぞれを入力していく
(Snippyの使い方)それぞれを入力していく

「Bits date」をそれぞれ、

  • Name
  • Type
  • コード

を入力していきます。今回は、

  • Name ⇒ 「メルマガ読者登録」
  • Type ⇒ 「HTML」
  • コード ⇒ 「そのコード」

を入力しました。こちらは、特に決まりがなく「使いまわしたい文章」でも「アフィリエイトタグ」でも、なんでも大丈夫です。

 

 

 

3.「Add Shortcode」をクリック

「Add Shortcode」をクリック

 

4.5.ショートコードの名前を入力、Bitsを選択

(Snippyの使い方)ショートコードの名前を入力

 

「Shortcode date」を入力していきます。

  • Name・・・アルファベット「a-z」、「_」、「-」のみ使用できます
  • Bits・・・登録しているBitsを選択します

 

これで、自分の好みのショートコードを登録することができました。最後に使い方をお伝えさせていただきます。

 

 

 

『Snippy』の使い方

最後に、記事内でどうやって使っていくかを解説していきたいと思います。

 

『Snippy』の使い方
  1. 「Snippy」のアイコンをクリック
  2. 使いたいショートコードをクリック
  3. 【完了】ショートコードが入りました

 

1.「Snippy」のアイコンをクリック

(Snippyの使い方)「Snippy」のアイコンをクリック

 

WordPressの記事で、赤枠のようなアイコンがあるので、クリックしてください。

 

 

 

2.使いたいショートコードをクリック

(Snippyの使い方)使いたいショートコードをクリック

 

3.【完了】ショートコードが入りました

(Snippyの使い方)【完了】ショートコードが入りました

 

以上で、Snippyを使ってショートコードを使うことができました。

 

 

 

まとめ

【『Snippy』の使い方】

  1. Snippyの導入
  2. ショートコードの登録
  3. 実際に記事内で使う

 

Snippyを使えば、アフィリエイトリンクや定型文もサクッと挿入できますので、記事作成の効率化に繋がります。

記事作成が慣れてきて、ページを量産したい人には最適なWordPressのプラグインだと思いますので、よかったら試してみてください。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

★ランキング参加中★
ブログランキング応援お願いします。
楽天・アフィリエイトランキング
このブログを書いている人

はじめまして!
三上泰良と申します。インターネット上では『居酒屋』というHNで活動しています。
東京都品川区在住、妻と2人の子どもと楽しく生活しています。
2010年からインターネットビジネスからの収益で生活しています。

1日のほとんどの時間を家族と共に過ごして、趣味は子育てと家族と一緒に過ごすことです。
⇒ 詳しいプロフィールはこちらです!

レビュー一覧
特定電子メール法に基づく表記
カテゴリー